薬を飲む男性たち
  • ホーム
  • ストレスは何故感じるのか

ストレスは何故感じるのか

血中の赤血球の血色素であるヘモグロビンの減少により酸素欠乏状態に陥って生じる貧血の症状に悩まされているという人は多いのではないでしょうか。
酸素欠乏でめまいや立ちくらみや動悸や息切れや頻脈や倦怠感や頭痛や吐き気や食欲不振など様々なつらい症状が出るので、生活に支障をきたしてしまう人もたくさんいます。
病院や健康診断などの採血で赤血球のヘモグロビンの数値が低いという診断を受けたことがある人は要注意です。

貧血を引き起こす原因としては、病気や怪我で継続的に出血する、生理時の経血、食生活の乱れによる鉄分の不足などがあります。
出血が原因となる物理的な貧血だけではなく、鉄分不足も貧血につながってしまうということをきちんと理解しておきましょう。
食生活の乱れによる栄養不足を感じているという人も多いのではないでしょうか。
赤血球のヘモグロビンの数値が低めの人はとくに気をつけなければなりません。

貧血は治療をすれば改善されて、酸素欠乏によるつらい症状も改善に伴い解消されます。
治療は点滴や注射や内服薬での鉄剤の投与が一般的です。
鉄剤で対処することが出来ない重度の場合は、輸血が行われることもあります。

軽度の場合は内服薬のみで対処可能ですが、つらい症状が出てしまっている場合は注射や点滴で対処します。
注射や点滴は血管に直接鉄剤の投与が出来るので、即効性が得られます。
あっという間に症状が無くなり元気になる人もたくさんいます。

貧血は知らず知らずのうちに赤血球のヘモグロビンが減少する本当は怖い疾患であるということを知っておきましょう。
隠れ貧血の人もたくさんいます。
その原因となるのが、食生活の乱れによる鉄分不足であるということも理解しておかなければなりません。
日頃から栄養バランスを意識した質の良い食事をとるということが貧血の改善や予防につながりますので、意識を高く持って対策に努めていきましょう。
治ったからといって油断せずに、再発に努めることも大切です。

過度なダイエットは止めよう

食生活の乱れによる鉄分不足が原因となる貧血ですが、その要因として過度なダイエットがあります。
心当たりがあるという人も多いのではないでしょうか。
過度なダイエットとは具体的にどのようなものかというと、単品ダイエットをする、誤った方法でのファスティングやプチ断食をする、ビタミンやミネラルや食物繊維やタンパク質などの栄養素を全く摂取しない、極端に摂取カロリーを減らすなどがあります。
このようなダイエットは栄養不足だけではなく脱水症状などの危険も伴います。

過度なダイエットで栄養の摂取が極端に減少すれば、自ずと鉄分不足に陥ります。
鉄分が不足した状態が続くと、血中の赤血球のヘモグロビンが減少していき、体が酸素欠乏状態になってつらい貧血の症状が出てしまうというメカニズムです。
ですので、過度なダイエットは止めましょう。
摂取カロリーを減らすのではなく、運動で消費カロリーを増やすという方向にシフトするのがおすすめです。

鉄分不足を補うために積極的に食べるべきものとしては、レバーやカツオや牡蠣や赤貝やアサリやマグロやイワシやほうれん草や大豆や小松菜などがあります。
これらの食べ物を意識的に積極的に食事メニューに取り入れて鉄分の不足を防ぎましょう。
鉄分による貧血の改善効果や予防効果をアップさせるためには、同時にビタミンCやビタミンB12や葉酸を摂取するのがおすすめです。
相乗的な効果が期待できます。

しかし、日頃の食生活を改善させるということは簡単なことではありません。
食べ物の好き嫌いが多い人や料理をする習慣や時間がない人や外食が多い人にとってはさらに難しいものとなってしまいます。
そんな人におすすめなのが、サプリを用いて栄養補給するという方法です。
サプリを上手に活用して貧血の改善や予防に努めましょう。
栄養を体にしっかりと吸収させるために良質な睡眠をとることも大切です。

人気記事一覧
サイト内検索